シミ取りをしてコンプレックスを解消【安心して治療を頼める】

鏡をみる婦人

シミを取るには

シミには様々な種類があるため、シミ取り時にはその症状に合わせて治療していくことが必要となります。治療方法は外用薬や内服薬の使用のほか、レーザー治療などがあります。しかし、シミを作らないことも大切なため紫外線対策などを行うことが大切です。

もっと見る

ドクター

シミを除去する治療法

メラニン色素が原因で発生するシミは、皮膚科が行っているレーザー治療や処方される内服薬でシミ取りすることができます。腕のいい医師を探すには、あらかじめ口コミを調べておくといいでしょう。

もっと見る

医療機関に相談する

医師と婦人

しみを焼くか光を当てるか

シミ取りのために治療を行う方法として、レーザー治療と光治療が主流です。美容皮膚科で治療を受ける場合には、それぞれの特徴を理解してから治療を受けてください。レーザー治療ではメラニン色素にのみ効果が出るレーザーを使って焼ききります。しっかり消毒してくれて、アフターケアもしっかり行ってくれるのが便利です。なお、医療機関によっては焼く場所を複数行い、アフターケアで焼いた跡の消毒や薬品塗布を行うことも多いとされます。比較的短時間で治療を完了させることが出来ます。光治療ではメラニンなどに効果を発揮する光を照射することで、しみを焼ききります。レーザーよりも出力が弱く、跡も残らず、治療を受けてからすぐに肌の状態などもわかります。光を照射するメリットとしては、痛みがなく治療を完了させることができるからです。また、他の医療機関を探す前に、治療を完了させる場合もあります。それぞれの治療で肌に負担のかからないシミ取りは、多くの(美容皮膚科)の先生の知識や納得できる対応が大切です。

複数のところに通わない

お試し価格や初回限定キャンペーンを狙って、複数の美容皮膚科にシミ取りをお願いするお客さんは稀にいます。もちろん代金を支払っている以上、複数の医療機関に通うことは問題ありません。しかし、複数の医療機関でシミ取りを行うことで、肌への負担がかかることを考えてから利用してください。それぞれ別の美容皮膚科に通う場合には、施術を考えてから行うことで肌への負担や、やけどのリスクを減少させることが出来ます。また、部位を変えて治療し、顔だけでなくボディに対してのシミを取り除ける医療機関に相談すると、トータルで早めに取り除ける可能性は高いです。医療機関ごとに受ける部位を変えてお試しで受けることにより、リーズナブルな価格で治療を受けられます。ただ、それだけで治療を済ませてしまうのではなく、本格的に取り除く場合には回数や費用が必要なときがあります。そのため、上手に受けることで治療に対しての痛みや、リスクを軽減してしみをきれいに安く取り除けるといわれています。

顔を触る女性

若々しい素肌のために

シミが顔に現れると、とても老けて見えてしまいます。レーザー照射によるシミ取りは即効性があり人気です。術後は肌が敏感になっているので日焼けには気を付けます。リスクを最大限に避けるのなら皮膚科に、キレイに仕上げたいのなら美容外科を選びます。

もっと見る

婦人

色素沈着の対策

美容整形のシミ取りの施術は多種多様な色素沈着の症例に対応しています。その為、加齢や紫外線が原因となる様々なシミを取り除く事ができますが、この施術には美肌効果もあるので複数のメリットが人気の高さに繋がっています。

もっと見る

顔を触る女性

手軽なフォトフェイシャル

シミ取りやシワ取りなどが一度に出来る美容治療がフォトフェイシャルです。フォトフェイシャルはIPLを肌に照射してシミやくすみやそばかすなどを消し、顔を美白にする治療です。医療行為にあたるので、医師がいるクリニックだけで出来ます。

もっと見る