シミ取りをしてコンプレックスを解消【安心して治療を頼める】

シミを取るには

鏡をみる婦人

シミの特徴

一言でシミといってもその種類は様々なものがあります。シミ取りするためには、その種類に合わせて効果的なケアや治療を行っていくことが必要です。肌は紫外線や外的な刺激を受けるとメラノサイトと呼ばれる色素細胞が活性化し、チロシナーゼを作ります。チロシナーゼはアミノ酸の一種であるチロシンと反応することでメラニン色素を作り出し、これが色素沈着を起こすことでシミになります。老人性色素斑と呼ばれるシミは、紫外線が原因のシミで加齢などでメラニン色素をスムーズに排出できなくことでできるものです。肝斑は女性ホルモンが関係しているとされています。そばかすは先天性なら成長とともに消えますが、後天性なら紫外線の影響で増えていきます。ニキビやかぶれなどの後にできるのが炎症後色素沈着です。自然に薄くなっていきますが、いつまでも消えずに残ってしまうこともあります。他にも種類はありますが、シミ取り場合には原因や症状に合わせてケアしていくことが大切です。セルフケアとクリニックでの治療がありますが、確実に改善したい場合にはクリニックでの治療が確実といえます。

治療方法と予防方法

シミ取りの治療方法は種類によって異なります。老人性色素斑の場合には、長年の紫外線によるダメージが蓄積されてできたメラニン色素が原因ですので、メラニン色素を生成するチロシナーゼの作用を阻害するハイドロキノンを利用したり、肌のターンオーバーを促すトレチノインを利用することが効果的です。肝斑は女性ホルモンが関係しているため、色素沈着を抑制するトラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬が処方されたり、ハイドロキノンなどと組み合わせる場合もあるとされています。また、レーザー治療が行われるケースもあります。そばかすの治療方法としては、トラネキサム酸の内服薬を飲んだり、レーザー治療やフォトフェイシャル、イオン導入などで肌に直接働きかけたり、ケミカルピーリングで古い角質を除去して肌のターンオーバーを促したりします。炎症後色素沈着を治す時には、ケミカルピーリングやレーザーによる治療ほか、ハイドロキノンやビタミンCの内服薬などが処方されます。シミ取りする方法はいろいろありますが、シミを予防するためには紫外線対策などを行うことが大切です。